確実に収入アップをしたいならアパートを一棟買いしよう

家賃滞納に備えて

男女

適切な保証会社を選ぶ

部屋を借りる際、連帯保証人を求められます。家賃債務保証では、特定の個人の代わりに会社が請け負います。具体的な活用場面は、入居者が家賃を滞納したときの弁済です。家賃を確実に回収するためには、家主が家賃債務保証が必要といえます。そして適切な会社を選定することが大切です。最も大切なのは保証範囲です。家賃滞納時の立替えを担うのはどの家賃債務保証会社でも同じですが、保証期間の長さは各社が独自に設定しています。また会社は立替えた家賃を回収することになりますが、その際に電話やメールで済ますのか、実際に物件まで赴いて話し合うのか、これも各社異なります。さらには夜逃げされてしまった際の対応など、ことが大きくなったときにも対応してくれる会社もあり、保証範囲には会社の色が出ます。費用のこともありますから、一概に充実サービスの方がよいとは言えません。家主の知識レベルや財務状況に応じた会社選びがポイントといえます。保証範囲のひとつに、原状回復費用を保証するか否かが含まれます。滞納者が退去した後の原状回復においては、敷金は家賃立替えに回されることがあり、そうなると原状回復費用が不足することがあり得ます。こうしたケースを想定した保証が、原状回復のための工事代金の保証サービスです。現在の入居者の様子を見てみて、喫煙したり、部屋を汚したりする人が多いようならば、こうした保証を検討しておくと安心です。代金についても少しだけ踏み込んでおきます。契約更新のタイミングを抑えておきましょう。更新期間が毎年なのか、2年毎なのかで大きな差が生じます。また滞納などトラブルがなければ次回の更新料を割り引く会社もあります。目先の料金にとらわれず、長い目で見た計画が求められます。以上のような目線で、家賃債務保証会社を選ぶとよいでしょう。