確実に収入アップをしたいならアパートを一棟買いしよう

収入減にしないために

模型

代位弁済してくれる

物件を貸して家賃収入を得る、という不動産投資が注目されています。副業としても利用しやすく、収入をアップさせるひとつの手段となっています。不動産投資を行うとき、避けたいのが空室と家賃滞納です。借りる人がいなければ家賃が入ってきませんし、借りる人がいても家賃を支払ってくれないことが起こったら、収入が増えないどころか、物件を持っているだけになるのでマイナスになってしまいます。そこで最近、家賃保証会社が急増しています。家賃保証会社は、借主の連帯保証人を代行してくれる業務を行っています。もし、借主が家賃滞納などの債務を不履行するようなことがあれば、家賃保証会社が代わりにそれを行ってくれます。代位弁済といいます。家賃滞納の不履行があれば借主の代わりに家賃を立替てくれるのです。家賃滞納があれば収入が減るので、取り立てに行く必要も出てきます。取り立て行為は人によってはストレスを感じますし、取り立ててもなかなか家賃を支払ってくれないこともあります。そのような大変な労力を、家賃保証会社が代わりに行い、しかも収入源が免れるのです。借主にとっても、連帯保証人を代行してくれることから、スムーズに入居が行えるメリットがあります。高齢者の一人暮らしや外国人など、連帯保証人をどうしても立てられない人も多いです。貸主にとっても、スムーズに入居が行えるシステムは、空室を減らすことにつながるため、その点でもメリットとなります。