HOME>レビュー>婚活地獄は様々な形で表れる!地獄の種類を知ろう

婚活地獄は様々な形で表れる!地獄の種類を知ろう

ラブレター

どんなタイプの人が婚活地獄に陥るのか知っておけば、結婚したいという願望をできるだけ早く叶えることができます。婚活地獄を味わった人達のコメントを見て、学んでおきましょう。

レビュー

王子様は待っているだけでは来なかった

30代までは容姿に自信があったので男性の方からアプローチを受けることばかりでした。少しでも良い男性を選びたいという傲慢な考え方をしていたところ、ズルズルと時間は過ぎ去ってしまい、気付けば40代を突破していました。30代までたくさんアプローチされていたのが嘘のようにピッタリとなくなり、時間を持て余すようになってから結婚しなかったことや傲慢になっていたことを後悔しました。その後、遅いとは感じながらも婚活を始めましたが、30代までにアプローチを受けた男性よりも容姿や収入が劣っていたので、結局はいつまでも経っても相手が見つからない婚活地獄に陥っていました。王子様は待っているだけでは来ないとわかったので、改心して自分からアプローチをした結果、今の主人と出会うことができました。
【40代 女性】

気付いたらいつも壁の花になっていた

若いうちに結婚したかったので容姿や服装に気を遣っていましたが、なかなか彼氏ができなかったです。しかし、40代になっても男性探しを行っているとは予想しておらず、本当に辛かったです。決して高望みしているわけではなく、男性からアプローチを受けなかったわけではないです。ところが、会話が苦手で話しかけられても上手く返答できず、結局は壁の花で終わるパターンばかりでした。さすがに50代に入ってまで婚活地獄を味わいたくないので、その際はキッパリと諦めて独身を貫く予定でしたが、自分と似ている話が苦手な男性と知り合ったことで結婚できました。お互いにコンプレックスが似ている分、理解し合っているので一緒に居て過ごしやすいです。
【40代 女性】